太陽光発電メーカー比較

何を基準にしたら良いのか

最近、テレビCMから雑誌広告まで、太陽光発電を打っている業者がたくさんいらっしゃいますね。

けど、導入する前にどのメーカーがどんな特徴を持った太陽光発開発、発売しているのかわからなくないですか?

導入時にメーカーを比較するも、以外にもほとんどのお客様が「何を基準にしたら良いのか」がわかっておりません。

その結果、販売業者が勧めるメーカーを選択してしまう方が大半です。

確かに設置する屋根の大きさや、価格帯など、お客様の要望にあわせ業者が選別するので、けして満足いかない部分もあるのかもしれません。

そして現在、日本で普及している太陽光発電は、殆ど住宅用の太陽光発電になります。

参考太陽光発電施設によって進む技術

クリーンなエネルギーを自前で調達したいというときに、もっとも期待できるのが太陽光発電だと思います。

参考太陽光発電について知りたい!

モジュールの変換効率

太陽光パネルを選ぶ基準として、モジュールの変換効率というものがあります。

エネルギーを電気エネルギーに変換するときの変換割合を表し、少ない面積でどれくらいの発電力があるのかを数値化した値です。

メーカー別にみると、今のところ三洋電気製が一番効率が高いということになりますが、今後、。屋根が小さく、設置面積をできるだけ小さくしたいという方にお勧めです。

導入価格

太陽光発電は昼間のみ発電し電力を蓄え、その分を一日にわたって平等にしようする従来の集中型電源とは異なる自家発電方法です。

また再生可能エネルギーの一種であり、電力会社の電力買取に習うように、エネルギー・環境面でのメリットのほか、経済的なメリットも有する。

欠点は商用電源として導入コストが比較的高いとこだが、現在補助金制度の充実や、導入価格の割引に伴い、多くなってきております。